食事のときは脱帽しないと大変なことが起こります

食事のマナーを守らなかったために起こった悲劇を目の当たりにしました。

外国ではどうなっているのか知りませんが、日本では食事のときには帽子を脱ぐことがマナーになっていますよね。

食事のマナーというのは、例えば、肘をつかないとか、クチャクチャと音を立てないとかいろいろありますが、基本的には、ひとりの食事のときでも守るべきもの。 続きを読む


電気料金のうちクーラー代は国が補助してはどうでしょうか

猛暑が続いています。

本日も

猛暑つづく 東京は今季一番の暑さで8日連続猛暑日

東京都心で36.9度、8日連続の猛暑日

など、猛暑に関するニュースが大きく出ています。

熱中症予防はクーラーで

これだけ暑い日が続くと、熱中症になる危険も大きくなるわけですが、熱中症の予防が大事になってきます。 続きを読む


Fiestaの食器を実物を見ながら選びたい

アメリカの陶器メーカー、ホーマーラフリン社が販売しているFiestaというブランドの食器をご存じですか。

以前に知人からもらったことがあり、とってもシンプルで使いやすく、気に入っております。

で、新しく購入したいと思っていましたが、食器って実店舗で大きさや手触りを確かめながら選びたいということもあり、店舗で購入できるところを探していました。

ネット通販ではいろいろなところが扱っているようなのですが、ようやく店舗で販売しているところを見つけたので、今度行ってみようと思っています。

見つけたのは、212 KITCHEN STORE というお店です。食器だけではなくて、様々な台所用品を扱っているおしゃれなお店のようです。お店のHPはこちら

全国に約50店舗もありますので、よろしかったら訪ねてみて下さい。

店舗のページはこちら

北海道・東北・北陸

関東

東海

近畿

中国・四国

九州


8月3日は「バーミヤンの日」!キャンペーンは・・・

すかいらーくグループの中華料理チェーン、バーミヤンは、8月3日を『バーミヤンの日』として、毎年キャンペーンを展開しています。

8(バー)3(ミ)ヤンの日 ということですね。

さて、気になるキャンペーンの内容は、通常239円の焼餃子(6個)が83円になるクーポンなど。結構魅力的です。

バーミヤンの焼餃子は、皮がしっかりしていて、中身がふっくらしていて、ファミレスチェーンの餃子としては、かなりおいしいと思っています。

平日16時~18時のハッピーアワーではビールの生中が299円になりますので、餃子をつまみにビールを飲んで、382円で楽しめます。

公式サイト:バーミヤン 続きを読む


どうでもいいことですが、殺人事件の本が多過ぎるんです

僕は以前、結構長い期間、企業の人事の仕事をしていました。

初めて人事の仕事に就いたときは、ホントに素人でしたので、本屋さんで本を探して勉強したりしていました。

その手のビジネス書って結構値が張るものが多くて、ときどき図書館へ行っていたのですが、その時の困った話です。 続きを読む


フジテレビ 27時間テレビを見て思ったこと

25日、26日と、フジテレビで27時間テレビをやってました。

今回のテーマは詳しくは知らないのですが、たぶん、ナインティナイン(めちゃイケ)×SMAPで楽しいことしよう、みたいな感じだったのでしょう。

続きを読む


東京圏の鉄道網の整備はさらに進むのでしょうか(下)

東京圏の鉄道網の整備はさらに進むのでしょうか(上)では、交通政策審議会(前身は運輸政策審議会)について、(中)では、現在の鉄道網整備の方針を決めた運輸政策審議会 第18号答申を紹介しました。

最後となる今回は、第18号答申後の鉄道網の整備の方針がどうなるか、検討の状況などを紹介します。

交通政策審議会での検討状況

交通政策審議会では、鉄道部会に「東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会」を設けて、第18号答申後の2015年以降の整備を検討しています。

小委員会は既に9回開催されていて、本年7月1日の9回目の会議では、これまでの議論を振り返り、「中間整理」をまとめています。

「中間整理」はこちらに掲載続きを読む


東京圏の鉄道網の整備はさらに進むのでしょうか(中)

東京圏の鉄道網の整備はさらに進むのでしょうか(上)に続く第2回です。

前回は、鉄道網の整備の方針を決めている、交通政策審議会(前身は運輸政策審議会)について紹介しました。

今回は、まさに現在の鉄道網の整備を決めた、運輸政策審議会 第18号答申を紹介します。

運輸政策審議会 第18号答申

概要

第18号答申は、正式には、「東京圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について」という名称で、平成12年1月に提言されました。

東京圏の鉄道について、長期的な展望に立った整備を推進することにより、効率的かつ利便性の高い高速鉄道を中心とする交通体系の形成を図る必要がある、という観点から、平成27年まで15年間の整備計画を提言したものです。

そう!この第18号答申が平成27年までの計画なので、今年、次の計画を出すための検討が行われているのです。 続きを読む


スポンサーリンク