産業一覧

電気という嫌われ者

AngelikaGraczyk / Pixabay

今週はじめ、東京など首都圏では大雪になりました。その後、寒波が到来して東京でマイナス4℃を記録して、ものすごい寒さになっています。

寒くなったせいでみんな暖房をかけ、東京電力管内では、1月24日の電力使用量の使用率の見込みが99%になったりしました。

 東京電力パワーグリッド(PG)は23日、24日のピーク時間帯(午後6時~7時)の電力使用率の見通しが99%と需給逼迫(ひっぱく)が懸念されることを受け、全国の電力需給を監視・調整する電力広域的運営推進機関に対し、電力の応援融通を依頼した。気温低下による暖房などの需要増が要因。 融通によって使用率は96%まで低下する見...

電力需給ひっ迫→原発再稼働への支持

こうした状況に対するネトウヨっぽい人たちから、「需給がひっ迫するのは、左翼勢力が原発再稼働を止めているから」という反応があったようです。

まあ、安倍首相を信奉しているネトウヨの人たちはあんまり頭がよろしくないのでしょうがないのですが、いずれにしても、発電や電力に関することは、対立の構図を生みやすいようですね。

様々な発電施設に対する批判的な言説の数々

なぜか分からないのですが、発電施設を作ろうとすると、どんな方法でも批判が付きまといます。

続きを読む


フォルクスワーゲン、スキャンダルで日本の販売台数が半減

フォルクスワーゲン、スキャンダルで日本の販売台数が半減

sputnik 日本 の記事です。

日本での外車販売台数で常にトップを維持してきたフォルクスワーゲンが販売激減で危機的状況に陥っている。

・・・

フォルクスワーゲンは2000年から日本の外車市場で堂々の首位を守ってきた。ところが2015年1-10月までの総計ではフォルクスワーゲンは第3位に転落。1位をメルセデスベンツ社、2位をBMWに譲ってしまった。

ということです。

驚いたのは、フォルクスワーゲンが外車販売で首位だったということ。

確かに、「VW」のロゴはよく見かけます。

でも、燃費や性能で言えば日本車の方が優れているし、セレブ感ではメルセデスやBMWに遠く及ばない気がします。

どのような層の人がフォルクスワーゲンの車を買っていたのか気になるところです。