人権一覧

水木しげるさんと平和祈念事業

水木しげるさんが亡くなりました。

水木さんと言えば、『ゲゲゲの鬼太郎』ですが、自らも軍隊に入って戦争に行った経験から、戦争や平和に関する作品も残されています。あまり報道されていませんが。

僕が最も印象に残っているのは、新宿にある、「平和祈念展示資料館」のポスターです。

平和祈念展示資料館は、総務省の委託事業として「平和祈念事業」を実施していて、主に、戦争の悲惨さを伝える展示を行っています。

画像を持ってないので、貼れないのが残念なのですが、3点の挿絵です。

ブログに投稿されている方がいました。⇒このポスターです。(見ているものは、みな違う。さん)

挿絵には、平和祈念展示資料館での3つの展示カテゴリに対応して、それぞれ説明がついています。

兵士コーナー
南方など洗浄に向かう兵士たちとそこでの生活

戦後強制抑留コーナー
極寒のシベリアでの飢えとつらい労働

海外からの引揚げコーナー
満州などが一での生活と引揚げの混乱と悲劇

いずれも、戦争の悲哀をひしひしと感じる挿絵です。

この挿絵を見るだけでも、戦争がどんなに恐ろしく悲しいものか、感じることができます。

水木しげるさんは、このほかにも、『総員玉砕せよ!』という作品や、調布市制施行60周年 事業「水木しげるの戦争と新聞報道展」に協力したりもしています。

今週末の1週間振り返り的な番組では、水木しげるさんにも多く言及されると思いますが、鬼太郎だけではなく、この部分もたくさん紹介してほしいと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。


JA全中の奥野新会長はこんなヒト

8月11日に万歳氏の跡を継いで、奥野長衛氏(68)がJA全中(全国農業協同組合中央会)の会長に就任しました。

この、奥野氏については、僕の前のブログで取り上げたことがありましたので、蒸し返しておきます。

記事:女性の活躍を快く思わないジジイたち

三重県庁が、女性の活躍の場について話し合うために設置した「みえ女性活躍推進連携会議」で、奥野氏は、恐らくはポジティブ・アクションのことを念頭に置いて、

米国の大学では少数民族のための入学枠を設けたら、レベルが落ちた。

と発言したということです。

何の根拠も証拠も示さずに、このような発言をするひとだということを覚えておきましょう。


個人情報が流出している? ←自衛官募集のDMが届いた

昨年の「赤紙騒動」に続き、今年も、自衛官募集のDMが話題になっているので、整理しておきたいと思います。

赤紙騒動

昨年(2014年)7月1日、安倍内閣は、集団的自衛権の行使を容認するとの閣議決定をしましたが、その直後から、全国各地で高校3年生に自衛官募集のDMが届き、絶妙のタイミングだったこともあって、一部インターネット上で「赤紙が来た」などと騒がれたものです。

国会でも質疑の対象となりました。

防衛省としては、毎年この時期に、高校3年生に向けてDMを送っているとのことで、騒ぎは沈静化しました。

情報は合法的に入手しています

昨年にも話題になった際にも、また、今年も、DMを受け取った一部の方々(親)が、「なぜうちの子の氏名・年齢・住所を自衛隊が知っているの?」と疑問を持ち、「何かの名簿が漏れているのでは」などと発言されています。

確かに、今までに自衛隊や防衛省とかかわったことがないのに、いきなり高校卒業というタイミングで「自衛隊に入りませんか」と自宅に手紙が来たら、なぜかと疑問を持ちますよね。 続きを読む



スポンサーリンク