最近の記事

タグ

大麻草の葉っぱって見分けられるのでしょうか

テレ朝newsでこんな記事がありました。

「議員会館敷地に大麻草 自生? 永田町で初めて」(以下要約)

  • 参議院の議員会館の敷地内に大麻草4本が生えているのが見つかった。
  • 21日昼、議員会館の訪問客が雑草に交じって生えている大麻草4本を発見。
  • 通報を受けた東京都の担当者が大麻草を抜いて処分したうえで、生えていた経緯などについて調べる。

へー、なんて思って眺めていたのですが、よくよく見ると、「訪問客が発見」というところに目を奪われました。

大麻草が生えていて、それが大麻草だって分かるもんなんですね。野草に詳しい人でしょうか。

ちなみに大麻草って、こんな葉っぱだそうですよ。

葉は、細長い柄の先に、3~9枚(通常は奇数)の小葉が集まって手のひらのような形になっています。
葉全体の大きさは10~20㎝です。

※厚生労働省「大麻・けしの見分け方」より引用

 

なんか、もみじっぽい感じもして、そこらへんに生えていても違和感なさそうですね。