エステ大手のミュゼの任意整理が予想通りな件

今日の報道で、脱毛を中心とするエステの大手、ミュゼが任意整理に入ったと報じられています。

朝日新聞から

脱毛エステ大手の「ミュゼ・プラチナム」を運営するジンコーポレーションが多額の負債を抱え、銀行団との任意整理に入っていることがわかった。高橋仁社長が6日、都内で会見して明らかにした。事業は継続したうえで、債務返済に向けた再建計画をまとめ、来年3月までに銀行団の同意を得る、と説明している。

ミュゼは全国に脱毛エステサロン約190店を展開し、会員は約270万人。8月下旬から9月上旬にかけて解約件数が増加し、前もって支払ったエステ代金を顧客に返済する費用などがかさんだという。昨冬以降、スタッフが不足気味にもかかわらず宣伝広告を打ち続け、予約が取れないなどの苦情が出ていた。

なんかこのニュース、既視感があると思ったのですが、夏ごろから、ネット上で話題になっていました。

報道だけではなく、いろいろと騒がれるようになってきました。

ミュゼプラチナムさんの『真の売上』を推定してみたら背筋が寒くなった。それ、僕が図解します。

twitterでは、若い女性たちが解約に走るようになりました。

いま改めて検索してみると、夏以降は、倒産を前提として少しずつ情報が出ていたようですね。だから既視感があるのか。

でも、いまのいままで粘っていたのは、整理に入る前に経営者がお金隠してるとかがあるんですかね。(邪推)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク