交通政策審議会答申に向けた動きが活発になってきました

今年は、運輸政策審議会の第18号答申の後の鉄道整備の方向性を決定する交通政策審議会の答申が出る年です。この経緯については、以前に少し書きました。

交通政策審議会での議論が進む中で、答申に盛り込んでもらうとか、第18号答申からの方針を変えてもらうなどの動きが出てきています。

東京都からは、既に「東京圏の鉄道網の整備はさらに進むのでしょうか(下)」で紹介したように、湾岸と内陸部の整備の提言がなされています。

最近、千葉県千葉市と埼玉県川口市の動きが報道されましたので、紹介してみます。

スポンサーリンク

千葉市 – 幕張地区の新交通システム

第18号答申では、千葉市の海浜幕張地区とJR総武線を結ぶ新交通システムを「整備を検討すべき路線」としていました。

海浜幕張地区の人口増を見据えて、東京に向かう路線を2路線使うことが可能となるように想定されたものでした。

千葉市は、今回の交通政策審議会からのアンケートに対して、この路線の整備を要望しなかったということで、対象からはずれることになりました。

京成バスが大型バスを運行して輸送力を強化したため、新たな交通システムを整備する必要がなくなったということのようです。

参照:海浜幕張-JR総武線の新交通計画凍結…千葉市

川口市 – 湘南新宿ラインの川口駅停車

埼玉県川口市は、これまでもJR湘南新宿ラインの川口駅停車を要望してきました。

今回、埼玉県から交通政策審議会への要望に盛り込まれることとなり、1ステップ前進したと考えているということです。

埼玉県の交通政策課は「川口駅は京浜東北線だけでホームも上下一つずつだけ。朝のラッシュアワーの混雑が危険だという市民要望が強い。ホームが増えれば安全度が増すほか、赤羽駅の混雑も緩和される」とコメントしています。

参照:JR湘南新宿ライン、川口駅停車…県の要望として国へ「長年の悲願」

ただ、要望が受け入れられるのはかなり困難ではないかと思います。

川口駅利用者からすれば、湘南新宿ラインが停車すれば池袋・新宿・渋谷方面へのアクセスが向上します。

湘南新宿ラインは、大宮以北から大宮・浦和でほとんど満員です。大宮・浦和は、乗り込む客も多いですが、商業地大宮、県庁所在地浦和だけに、降りる客もそれなりの数になっているので、うまく乗降ができるようになっています。

しかし、大宮以北、大宮・浦和からの乗客が川口で降りることはあまりないと考えられ、川口は乗り込む客がほとんどとなります。

浦和で既に満員の列車が川口に停車してドアを開けても、ほとんど乗り込むことはできないのではないでしょうか。

こうしたことを想定すると、湘南新宿ラインの川口駅停車の要望は、実現性が低いと思います。

スポンサーリンク

よかったらSNSでシェアして下さい