電気料金のうちクーラー代は国が補助してはどうでしょうか

猛暑が続いています。

本日も

猛暑つづく 東京は今季一番の暑さで8日連続猛暑日

東京都心で36.9度、8日連続の猛暑日

など、猛暑に関するニュースが大きく出ています。

スポンサーリンク

熱中症予防はクーラーで

これだけ暑い日が続くと、熱中症になる危険も大きくなるわけですが、熱中症の予防が大事になってきます。

予防には、水分や塩分をきちんと摂ることなどが重要ですが、室内での予防においては、やはり、室温の調整が最も重要です。

厚生労働省も平成27年5月27日に「熱中症予防のために」を発表しています。

熱中症予防のために(厚生労働省)

この中では、室内での予防策として、エアコンによる室温調節が一番に挙げられています。

そのほか、様々なニュースなどでは識者の方々もクーラーでの室温調節を推奨しています。

しかし、特に高齢の方々を中心に、「クーラーは贅沢」、「がまんできる」、「電気代が・・・」などという声もあるようです。

不幸にして熱中症になってしまった方から、このような声が聞かれます。

生命を守るために

確かに、昔の間隔からすると、クーラーを使うことに躊躇がある方もいるのかと思います。

しかし、生命を守るためには、必須のものとなっているのが現在の状況です。

ですから、国としてももっと、クーラーを使った室温調節をしっかりと推し進めてほしいと思います。

クーラー代への補助を

そのために、クーラー代にかかる電気代を、何らかの形で国や地方公共団体が補助をしてはどうかと思います。

補助金を出してでも、しっかりとクーラーを使って室温調節をしてもらうことが必要であると思います。

どういうやり方があるかは、にわかには分かりませんが、なんとか、きちんとクーラーを使ってもらうように誘導してほしいと思います。

なにかうまいやり方があれば、誰か教えてください。

スポンサーリンク

よかったらSNSでシェアして下さい