昔ながらの横丁は

ネットでニュースを見ていたら、少し残念な記事がありました。

大阪市が串カツ店「松葉」に撤去命令 大阪駅前地下道の老舗

大阪・梅田の「大阪駅前地下道」(大阪市北区)の拡幅工事に伴い、老舗串カツ店「松葉」や飲食店街「ぶらり横丁」のそば店など5店舗が、道路管理者の大阪市から立ち退きを求められている問題で、市は8日、道路法に基づき店舗設備の除却(撤去)命令を出した。期限の10日までに店側が従わなかった場合、市は行政代執行で強制撤去する方針。(続きを読む

スポンサーリンク

昔ながらの横丁

飲み屋街にある昔ながらの横丁って、雰囲気がいいですよね。自分自身はそれほどお酒を飲まないのですが、雑多な雰囲気には、そそられるものがあります。

お客さん同士が触れ合うくらいの狭さと、古びた建物、それでいておいしい料理があるという、不思議な空間です。

今回ニュースになっているのは大阪駅の地下ですが、各地に特徴的な横丁がありますね。

新宿の思い出横丁、ゴールデン街あたりは有名ですね。

こうした横丁では、最近は、建物の老朽化が問題となっているところが結構あるようです。立て直そうにも資金がなかったり、権利関係が複雑になっていたりで、なかなか進まないこともあるとか。

そうこうしているうちに、王子のさくら新道のように火事になって消失してしまったところも。

雰囲気のいい横丁は、なんとかうまいことやって残していってほしいものです。

スポンサーリンク

よかったらSNSでシェアして下さい