獣医に関する認識を改めました

加計学園スキャンダルでにわかに話題になっている獣医学部。その獣医学部を卒業してなるのが獣医なのですが、今回のスキャンダルでいろいろ報道されたり、ネットで騒がれたりして、獣医に対する認識を少し改めました。

獣医っていうと、最近、街で動物病院が増えていて、「儲かってんのかなー」とか思っていました。そもそも、獣医のいるところとして、動物病院と動物園くらいしか考えていませんでした。

しかし、いろいろと見聞きしていると、かなり重要な仕事として、家畜の伝染病対策に関わっているということを知りました。

ペットとか動物園みたいな、(言葉は悪いですが)余暇とか趣味のような世界にいるのが獣医だと思っていたので、今回、新たな認識を得られてよかったです。

ツイッターなどでは、「たかが獣医学部なんて・・・」云々という発言をしている方もいましたが、このような重要な職責をみんなが共有した上で、議論してほしいものです。


18号答申の後継となる「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について(案)」が公表されました。

mlit

国土交通省の交通政策審議会鉄道部会の「東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会」が、『東京圏における今後の都市鉄道のあり方について(案)』(以下、「あり方(案)」と表記します)を公表しました。→国交省HP

いわゆる18号答申(「東京圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について」)のあとを受ける形となる文書の案で、パブリックコメントの手続に出されています。

あり方(案)の概要

あり方(案)は、以下のような構成になっています。

  • 東京圏の都市鉄道に係る現状認識
  • 東京圏の都市鉄道が目指すべき姿
  • 「東京圏の都市鉄道が目指すべき姿」を実現する上で意義のあるプロジェクト

そして、全体のトーンとしては、単に路線を増やしたりして速達性を向上するようなものではなく、2020年のオリンピック・パラリンピックや観光立国のための外国人観光客への対応が特色として出ています。

気になる新路線

ただ、地方公共団体などが最も気にしているのは、新たな路線の整備だと思います。

経済効果に直結するものなので、盛んにPR合戦も行われていました。

気になる具体的な整備プロジェクトとしては、以下の24が記載されました。 続きを読む


キムタクって以外に仕事少ないんですね

これを見ると、キムタクのソロでの仕事は5本とのこと。

香取の半分、中居より4本も少ない。

この辺りのことも、ひとり独立しないと決めた背景にあるんでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000031-dal-ent

国民的グループだけに活動は多岐にわたる。テレビ、ラジオ、CMを合わせると、グループではフジテレビ系「SMAP×SMAP」など5本。個々では中居が9本、稲垣が3本、草なぎと香取は放送中の連続ドラマを合わせてそれぞれ7本と10本。一人残留を決めた木村拓哉(43)は5本を抱えている。


NHKの個人情報管理は大丈夫?2か月に1回以上個人情報紛失・・・

nhk

ちょっといろいろあって、NHKの個人情報の管理態勢などについて調べていました。

まぁ、トラブルも多い会社ですので、規程関係はきちんと整備していて、個人情報に関する審議委員会も設置して、普通に運用されているようです。

と、思ったのですが、あるページを見て、「むむむ!」となりました。

そのページは、ひっそりと存在する「個人情報に関するお知らせ」というページです。

NHK発「個人情報に関するお知らせ」

NHKのトップページの一番下に目立たないように「NHKにおける個人情報保護について」へのリンクがあります。

そのページの更に一番下に、「個人情報に関するお知らせ」があります。

「個人情報関係の規程改訂とかのお知らせかな?」なんて思って開いてみました。

すると!

nhk_osirase

なんと、こんなページでした。

個人情報の紛失のお知らせページでした。

いくらなんでも多過ぎではないですか。

いま(平成28年1月13日)見てみると、上記のとおり平成27年分が出ていますが、おそらく、26年以前もあったはず。

平成27年には、7件の個人情報紛失が起こっています。2か月に1回以上の頻度です。

こんなに紛失を繰り返している企業ってほかにあるんですかね。

ちゃんとクオカードあげてるんでしょうか。

で、更に中を見てみると、以下の文言が繰り返されています。

NHKとしましては、今後このような事態が発生しないよう、指導を改めて徹底し、個人情報の取り扱いにいっそう注意してまいります。

むなしい。

こんなことを書いた次の月にも紛失が起きたりしてるんですよ。

ほとんど反省してないですよね。

しっかりしてほしい

NHKの受信契約は、放送法でほとんど強制されていて、おおまかに言えば、日本のほとんど全ての世帯を網羅しています。

そのため、個人情報の保有数も桁違いだと思います。

そのような組織が、2か月に1回以上個人情報の紛失を起こしているというのは、もう国会で追及されてもおかしくないような状態です。

国民のみなさんで、「個人情報に関するお知らせ」をきちんと監視していかないといけないですね。

 


苦労アイドル 小池美由 が気になる

アルバイト情報会社クリエイトが放送している、バイトジャングルのCMをご覧になったことがありますか。

誰もいないライブハウスで、ひとりもいない観客席に向かってハイテンションで問いかけているヤツです。

Youtubeにも出てます。

とにかく苦労してる次世代アイドル

このCMにただひとりで出ている女の子が小池美由です。

なかなかかわいいコなんですが、かなり苦労をしているようなんです。

TV番組では、「とにかく苦労してる次世代アイドル」として紹介され、ライブハウスに客が入らないことなどが紹介されました。

また、「TV番組で紹介されたので、ファンも増えたのでは?」との問いかけには、twitterのフォロワーは増えたけどライブの集客にはつながっていないと答えていたりします。

私生活のことを聞かれると、

小学生のとき、自分が希望するクラブへの入部がすべて断られ、先生がそういう生徒を集めたクラブを作ってくれた。

小学校では先生と給食を食べていた。

現在は栄養学を専攻する大学生で授業で実習があるが、ほとんど皿洗いを担当している。

などの苦労話というか、いじめられっこぶりを語っていました。

ただ、本人はいじめられているとか嫌われているという認識はなく、ハイテンションでやり過ごしています。

TVにはあまり出てきませんが、ちょっと気になる存在です。

プロフィール(公式HPから引用)

koikeE.jpg小池美由 Miyu Koike
1994年1月19日生
身長144cm AB型
神奈川県出身
趣味:ゲーム、アニメ
特技:料理、裁縫、ジャンプ
得意分野:栄養学

 


水木しげるさんと平和祈念事業

水木しげるさんが亡くなりました。

水木さんと言えば、『ゲゲゲの鬼太郎』ですが、自らも軍隊に入って戦争に行った経験から、戦争や平和に関する作品も残されています。あまり報道されていませんが。

僕が最も印象に残っているのは、新宿にある、「平和祈念展示資料館」のポスターです。

平和祈念展示資料館は、総務省の委託事業として「平和祈念事業」を実施していて、主に、戦争の悲惨さを伝える展示を行っています。

画像を持ってないので、貼れないのが残念なのですが、3点の挿絵です。

ブログに投稿されている方がいました。⇒このポスターです。(見ているものは、みな違う。さん)

挿絵には、平和祈念展示資料館での3つの展示カテゴリに対応して、それぞれ説明がついています。

兵士コーナー
南方など洗浄に向かう兵士たちとそこでの生活

戦後強制抑留コーナー
極寒のシベリアでの飢えとつらい労働

海外からの引揚げコーナー
満州などが一での生活と引揚げの混乱と悲劇

いずれも、戦争の悲哀をひしひしと感じる挿絵です。

この挿絵を見るだけでも、戦争がどんなに恐ろしく悲しいものか、感じることができます。

水木しげるさんは、このほかにも、『総員玉砕せよ!』という作品や、調布市制施行60周年 事業「水木しげるの戦争と新聞報道展」に協力したりもしています。

今週末の1週間振り返り的な番組では、水木しげるさんにも多く言及されると思いますが、鬼太郎だけではなく、この部分もたくさん紹介してほしいと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。


小6の大麻問題は、警察に通報した小学校のファインプレー

京都の小学校6年生が大麻を吸っていたという問題。

結局、警察が少年の自宅を捜索し、少年の兄の部屋から大麻が押収され、兄が逮捕されるということになりました。

とりあえず、入手ルートも特定できて一安心というところでしょうか。

今回は珍しく小学校のファインプレー

これまでのいじめ問題などの対応を見ていると、学校で起こった問題については、学校はまずは隠ぺいを考えていると思って間違いないでしょう。

また、「学校は教育の場であって云々」と学校内で起こった犯罪行為について、警察の介入を求めることに非常に消極的です。

今回の大麻の問題では、喫煙指導がきっかけであったということです。まぁ、小学校で喫煙指導ということに驚きもあるのですが、そこで見つけて隠ぺいを図らず、最終的に警察の介入につなげた現場の教師は、見習われるべきです。

学校であっても、悪いことをすれば警察のお世話になるということを、きちんと見せなければならないのです。


フォルクスワーゲン、スキャンダルで日本の販売台数が半減

フォルクスワーゲン、スキャンダルで日本の販売台数が半減

sputnik 日本 の記事です。

日本での外車販売台数で常にトップを維持してきたフォルクスワーゲンが販売激減で危機的状況に陥っている。

・・・

フォルクスワーゲンは2000年から日本の外車市場で堂々の首位を守ってきた。ところが2015年1-10月までの総計ではフォルクスワーゲンは第3位に転落。1位をメルセデスベンツ社、2位をBMWに譲ってしまった。

ということです。

驚いたのは、フォルクスワーゲンが外車販売で首位だったということ。

確かに、「VW」のロゴはよく見かけます。

でも、燃費や性能で言えば日本車の方が優れているし、セレブ感ではメルセデスやBMWに遠く及ばない気がします。

どのような層の人がフォルクスワーゲンの車を買っていたのか気になるところです。


スポンサーリンク